Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
あわの実
0
    中学1年生の時、パウロ会の機関誌「希望の丘」に掲載された私の文章です。こんな純粋な時もあったな〜
    修道士さんは今は亡きパウロ山野修道士さんです。通称、パウロさんと呼んでいました。パウロさんとは他にも忘れられないエピソード、言葉がたくさんあります。
    ー私たちの生活ー
    あわの実
    9月のある日、夕食が終るとすぐ、僕はうすぐらい外に出た。先週の美術の宿題を忘れて、明日まで出すようにと言われていたからだ。題は精密画なので、そのモデルを探しに行ったというわけである。なに気なくそこらにあった名も知らないモデルの草をとると、急いで4階にかけのぼった。
     自習が始まると、すぐこの宿題にとりかかった。輪郭を書き、色をぬり、例の草をチリ箱にすてて仕上げをしていると、二年生のSさんが例の草をもってきて、「こりゃお前がとって来たっちゃろ」ときいたので「ウン」と答えた。すると「あいーや、こりゃ修道士さんが育てよるいっちょしかなかあわばい。見つかればやらるるたな」(方言です)と言ったので、僕は胸がドキンとした。そしてその時、これがあわなのかと始めて知った。アワをくった、とはこのとだ。修道士さんが来たのであわててそれをかくした。修道士さんは僕の絵を見て、「ウン、うまい、うまい」とおっしゃった。僕はうれしかったが、あんまりうますぎて、あわの実をちぎったことがわかるかも知れない、と思って、こわくもあった。それで自習がすんだら、すぐおわびしようと思った。その間の二十分が一時間のように長く感じた。
     やっと自習が終り、おわびしようと修道士さんの所まで行ったが、どうしても白じょうする勇気が出なかった。それで、そのままあわの実をポケットに入れて聖堂に入ったが、夕の祈りをしながらあれこれ考えていた。小さい時、しんせきの姉さんたちが、「何か悪いことしたと気がついたら、すぐあやまること、そうすればすぐ許してもらえるし、あまりしかられないですむ」という言葉だった。
     祈りのあと思いきって寝室で修道士さんに白じょうしたら、ニコニコしながら「ウン、いいよ、いいよ」とおっしゃったのでホッとした。あくる日、その宿題を出すと、案外いい点をもらったので、喜び勇んで帰った。修道士さんに見せると「あわの実をちぎったかわりだな」と言ってほめて下さった。
     あとで知ったことだが、あわの実は小鳥の餌になるのだそうだ。修道院には、きれいな、こきん鳥や文鳥、それに十姉妹などが飼ってあり、M君が毎日餌や水をやっている。それで、このあわの実を大事にしていることがわかったのである。そのあわを僕はむぞうさに取ってしまったのだから、修道士さんはきっとがっかりされたにちがいない。それでも僕が悪かったと気がついて、正直にあやまったので、ふだんは悪いことをしたり規律をやぶるときつくとがめる修道士さんが、何も言わずに、やさしくうなずいただけだった。ほんとうに僕は、自分からあやまって良かったと思う。そして、僕のまちがいをすぐ教えてくれた二年生のSさんにも感謝したい。これからの修道生活でも、このようにお互い協力し合うならどんなにいいだろう。
     


     
    posted by: Michele:ミケレ | 聖パウロ協力者会 | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.teamirosario.com/trackback/1410666
    トラックバック