Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ブラザーのボランティア記
0
    <カトリック石巻教会>
    某修道会のブラザーが6月4日から7日間、東日本のボランティアに参加しました。
    その記録をメールで頂きました。許可をいただいたので匿名ですが公開します。

    石巻にて第1日
    石巻に10:30に着きました。
    教会からベース長の越智さんが迎えにきてくださいました。教会につくと早速打ち合わせをし、石巻ベースのだいじなお湯出しの仕事をしました。避難所のある近くの中学校にテントを設け、おもに朝と夕方お湯を提供するという単純な作業ですが、おにぎりやパンなどばかりの避難所の方々にとって温かいものは大変望まれているのです。手渡しする際の短い言葉のやりとりにおたがいあたたかいふれあいがあります。いま石巻ベースは20人ですが、明日帰るかたが多く、また少なくなります。多くのボランティアの参加が望まれているのです。お祈りくださいませ。1週間の寝床は教会のお御堂! に雑魚寝! いい夢見れそう?(-_-)zzz

    石巻にて第2日
    朝530起床。
    630からお湯だしサービスのために早めの朝食を済ませて準備。避難所に行くとすでにポットの列が。朝のピークはすでに始まっていました。昨日は昼からだったので話には聞いていたけれどめちゃくちゃ忙しかった。ピークを過ぎて一息。10時から石巻教会のミサに。昼間はお湯のサービスが楽になるので、ミサ後は石巻教会の信者さんとのコミュニケーション。忙しさから解放されました。昼食のあとは昨日と同様。避難所の方々との会話も昨日よりは出来るようになったかなぁ。しかし、子どもの相手はお疲れもーど。今日まではメンバーの数が多いのでなんとかなりますが、明日はメンバー激減で大変!あー、今日は疲れた(´ヘ`;)

    石巻にて第3日

    石巻にきて3日目、今日も朝からお湯出しのサービスでした。
    サービスそのものは昨日と同様ですが、女性ボランティアがみんな帰ったので野郎どもばかり。細かい配慮がどうしても足りず、避難所の皆さんにずいぶん我慢させてしまったのでは。間もなく被災3ヵ月、心身共に相当疲れきっているはずなのに、不手際に怒るどころか不平不満もいいません。しかしそれに甘えずにしっかりサービスをしなければ。今日は1日中晴れでした。風が結構強く、暑さはしのげたけれど、避難所の方々もボランティアたちも暑さ対策をどうするかは大きな課題です。作業のあとは近くにある「自衛隊のお風呂」で、あー極楽!(^-^)

    石巻にて第4日

    メールなし

    石巻にて第5日

    今日は朝5時40分からミサをして頂きました。昨日まで2人、
    主任代行の佐藤神父と広島教区の服部神父がいましたが今日から主任だけ。本当に大変です。体を休める時間もありません。佐藤神父はフランシスコ会士で、フィリピンで司牧されていますが、この震災のために5月の初め頃から6月12日まで期限で奉仕しています。被災で働かれる司祭の健康のためお祈りしましょう。今日のお湯だしサービスはわたし以外は女性ばかりでしたが、うまくできました。20リットルのポリタンクに水を汲んでなべに入れる作業も工夫すれば女性でもできました。また、お湯出しサービスの合間に避難所の方々とお話を聴くことも必要なことですから、被災地でのボランティアは力仕事だけではないとおもいます。避難所はいつまでも続くものではありません。このお湯出しサービスもやがて終わりますが、それまでのあいだにその後何が必要か考えておかなければと思います。

    石巻にて第6日
    石巻第6日。明日はお昼までなので、フルに働く最終日です。
    それで今日は瓦礫撤去と泥かきに汗を流しました。北上川のそばにある山形屋という醤油工場。中にはいると大きな機械のそこかしこに樽や瓶が散乱し、酷い有様です。震災から3月経とうとしているのに、いまだにこんな状態。泥まみれになりながら、結構きつい労働。老骨に鞭打って今日は頑張りました。まだまだ時間がかかる復興のために、課題は山積み。ともかく今日は頑張った自分にお疲れさまぁ!

    石巻にて第7日
    遅まきながら石巻にてボランティア最終日の報告をします。
    午前中だけなのでお湯だしのサービスをしました。ポットを手渡しながら「今日帰ります」と言うと「お世話さま」と返してくれました。もっといたい気持ちになりました。言葉以上の心のふれあいを感じました。こちらこそありがとうというおもいです。この体験は忘れられない思い出になりそうです。与えてくださった神に感謝、修道会に感謝。兄弟たちに感謝



    posted by: Michele:ミケレ | - | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.teamirosario.com/trackback/1410609
    トラックバック